少しでも若く美しく見えるようにしている事

40代後半にもうじき入ってしまう私は、正直最近は自分を見て「おばさんになってきたなぁ」とようやく自覚し始めました。なぜこのように思うかと言うと、やはり街を歩いている我が子と同年代くらいの女性を見て「いつまでも若い、若いと思う妄想はやめよう」と思い始めたからでしょう。素直に自分の年齢、そして肌年齢を受け入れて生活していくことは実はすごく大切なことだと思い始めたのです。

美しく

こんなことを言いつつも、やはり女性であればいつまでも若く見られたい、という本心を持ち続けていることも確かです。そして私が自分の若さを保つために日々していることがあります。今日はそのことについて少しだけお話したいと思います。

シミ・シワ対策

まず、私が最優先として日々しているのは「日焼けをしない」という事です。実は20代の若い時期に毎年ビーチで肌を焼いていたので、今頃になってシミシワが出始めているのです。

シミ・シワは肌年齢を一番感じさせてしまうので、何とか少しでも抑えるためにホワイトニングをしたり、日焼け止めを塗ったりと考えられる対策はすべて日々の生活の中で取り入れています。

20代の頃からシミやシワにならないようにと、日焼け止めだけは全身しっかりと塗りたくっていたので、その効果は少しはあったように思います。しかし、それにも限界があるのでしょう。最近では、日傘や日焼け止め、そしてサングラスは当たり前、就寝前の十分な保湿ケアとパックも当たり前となり、生活の一部に日々取り入れています。おかげで今のところ、シミ・シワは同年齢の女性と比較するとまだ少ないほうかなと思っています。

引き締まった体作り

もうひとつ私が美容のためにしていることは、体力作りです。これは顔を含め、全身の体力作りをしています。

無駄な脂肪があったり、筋肉の引き締まりがなくなると、絶対にふけてみえると思うのです。きれいで若くみえる人というのは、きれいな体型をしている人でしょう。いくら顔がきれいだとしても、おしりのお肉がはみ出しているような体型の女性や、お腹が張っている女性を美しいと思うことはまずありません。

体力作り

ですから、私自身は毎日20分のストレッチと深呼吸を1日3回、そして思いっきり口を動かして顔の筋肉を鍛えるようにも努力しています。とにかく「垂れる」という状態を避けるように日々体力作りをして若さや健康を保つように努力しています。

やっぱり歳を重ねても美しく見える女性でいたいですものね。何よりも美しくいられるということは、自分の自信につながります。だから私は今後も自分の美容のために努力を続けますよ。